カティー バスティー
 腰のオイル浸透法

「カティー」とは、腰を意味します。そして、「バスティー」とは、一箇所に留まる・溜めるという意味があります。
無農薬の大豆粉と小麦粉を練り合わせて作った生地で土手を作り、その中にハーバルオイルを流し込みます。
温かく蒸されたハーブボールで腰部全体に軽くあてていきます。身体の中心である腰部を温めることにより、腰痛の緩和と改善はもちろんのこと、全身へ良い影響を与えます。
スリランカやインドでは、疲れからくる腰痛から、ぎっくり腰、ヘルニア、腰椎狭窄症などの腰の痛みやしびれまで幅広い腰部の症状の緩和や改善にひろく行われています。
バスティーは、ほかに首・背中・膝など症状に合わせて行います。

◆内容
・着替えをしていただきます。
・スチームと赤外線ライトで施術箇所を温めていきます。
・温まったところで、大豆粉と小麦粉で作った生地で土手を作ります。
・できた土手の中に温かいオイルを流していきます。体質や症状に合わせてオイルを決定し、温めたオイルを約20分間、浸透させていきます。
・オイルと土手を取り除きます。
・オイルトリートメントを行います
・ハーブボールを行います。ハーブボールとは、数種類のスパイスやハーブと数種類の岩塩を入れてボール状にしたものを蒸し器で蒸します。
・リラックスタイム.着替えていただき、ハーブティーをお召し上がりいただきます。ハーブティーを飲むことによってさらによい流れをつくります。

(約90分)1回目 ¥9,000
2回目以降 ¥5,600
※バスティーでは、1回目にオイルキープをいたします。
2回目以降オイルがなくなるまで使用できます。