目について

目について
女性の顔が美しいと感じるのは、元気な目です。
だから、元気な目を守るためにアーユルヴェーダでは目にはしてはいけないことがたくさんあります。
アーユルヴェーダでは、目の病気は76個あると言われています。
その病気は何故なるのでしょう。
アーユルヴェーダでは、この以下のようなことすると病気になると言われています。

・太陽のしたに長い時間いて、すぐに頭を洗うこと。
・遠いところのものをずっと見続けること。
・小さなものずっと見続けること。
・長い昼寝。
・寝不足や夜更かし。
・煙やほこりの多いところに長い時間いること。
・脂っぽい食べ物を夜食として間食してしまうこと。
・アルコール類を飲みすぎること。
・涙が流れてくることを止めること。
・トイレを我慢すること。
・たくさん嘔吐すること。
・びっくりすること。
・病院の許可なく眼鏡をかけること。
・UVカットのないサングラスをかけること。
・テレビやパソコンを長い時間見ること。
以上のようなことに気をつければ元気な目を保つことができます。
アーユルヴェーダでは、不快に感じる目の未病を改善するお手伝いをします。
ドライアイや目の疲れ・涙がとまらないなど、お困りの方には、

ネトラバスティー
ネトラバスティーとは、目の周りに大豆粉と小麦粉を練ったもので土手を作り温かいオイルを流し込み、目と目の周りにオイルを浸透させていくことです。
ネトラバスティーをしたあとは、目がスッキリし爽快になります。
お試しください。